お金を借りるのは難しくも、恥ずかしくもない!

お金が無くて困った時、お金を借りる方法も大きく変化していますし、また、そのことによってお金を借りることに対しての人々の意識も大きく変化しています。

しかし、お金がなくてもカード1枚でお金を借りることができ、恥ずかしい思いも、そして惨めな思いをせずにすむカードローンのシステムはありがたい存在と言えます。

ただ、返済が滞ったり返済をしなければカード会社からの信用を失ってお金を借りることができません。カード会社の審査では、もちろん年収を見ますが、それ以上に重点をおくのはお金を借りる人の信用度です。

お金を借りるのにその人の信用度を重視するのは昔も今も変わりません。

「借金も財産の一部」といって企業、特に中小企業主が借金の多さをある意味自慢していた時代もありました。なぜかというと、銀行から借り入れができる=銀行から信用されているということだったからです。

しかし、一般の個人消費者は違います。借金は恥とされていたものです。

借金を恥としたのは貧乏を蔑んだのではなく、お金の使い方の悪さや計画性のなさからその人の人間性まで評価されたからです。

現在はどうかわかりませんが、過去には多額な金額を稼いでいる芸能人が銀行からの借り入れを断られ、利益は少ないけれど堅実に商売をしている経営者が銀行から借り入れができるという状況でした。

お金を借りることが恥ずかしいのではなく、計画性がないお金の使い方できちんと返済ができないことです。

どんなに計画的に地道に暮らしていてもいつ、どんなときにどんなことが起るかわからないのが人生です。そして、突然の出来事にはお金がかかることが多いです。

友人知人からお金を借りるといってもそれができにくくなっているのが現代です。それに、友人知人からお金を借りる時代ではなくなっています。

そんなとき、カード会社の審査が通らずにお金を借りることができなかったら、さらに困ります。

そうなったら困って行き着く先は不法な金利で苦しめるヤミ金融業者です。総量規制の制度ができた時、自分の収入の無い専業主婦が一般の金融会社から借りられず、困ってヤミ金融から借りることがないようにできたのが、総量規制対象外という制度も設けました。

お金に困ってヤミ金融に手を出さないためにも、くれぐれも返済はきちんとすることをおススメします。

お金に関する参考サイト:お金を借りるならどこ?おすすめの借入方法を解説!|マネーコネクト