債務整理について

債務整理という言葉を聞いたことがあると思いますが、債務整理とは返済不能に陥った個人の借金を法的に整理する手続のことを言います。

借金を減額し、あるいは自己破産のように借金を0にして生活ができるようにするための国の救済措置です。

債務整理の方法には「任意整理」や「特定調停」、「個人再生」そして「自己破産」の方法があります。

お金を借りることは癖になりやすく、また、利息が高いのでどんどん借金が膨らんでしまうことが多いです。

もし、どうしても返済がきつくて生活にこまったら、弁護士に相談をしてください。状況に応じた債務整理を選んで適切に処理をしてくれます。

債務整理は弁護士に依頼しなくても個人でも可能ですが、法律をよく知らない素人にはハードルが高く、ましてや特定調停のように債権者との話し合いに本人が行っていたのでは感情的にまとまる話もまとまりませんから、弁護士に依頼した方が得です。

債務整理をするとその後5~7年、あるいは10年ぐらいローンを組むこともできなくなりますが家族に迷惑がかかるとか、その心配はありません。

ただ、自己破産の場合は持家や車があると手放すようになりますから、別の債務整理の方法を弁護士が選んでくれます。

債務整理は恥ずかしいことではありませんし、ほとんど人に知られることもありません。特殊な例を除いては仕事や資格に制限されることもありません。

無理をして行き詰まり、不幸な選択をしてしまうより債務整理をすることをおススメします。

ただ、自己破産をしてその時は後悔も反省もしても再び自己破産をする人も多いようですが、お金を借りることが癖になりやすいことの表れと言えます。