冠婚葬祭が重なったとき

お金を借りる理由で一番多いのが「冠婚葬祭の費用」だといいます。

お葬式は突然やってきますし、春先の結婚シーズンには1ヶ月に3つも結婚式の招待が重なることも珍しくありません。

「付き合い倒れ」という言葉までありますが、意外とかかるのがお付き合いの費用だと実感するときです。

身内のお葬式の場合は普通に10万円以上の香典がかかりますが、香典はカード払いにもできないので困ります。

しかし、現代はクレジットカードでキャッシングできますし、カードローンも組みやすくなっていますから、冠婚葬祭が重なってもお金を借りるにも困ることがありません。

ただ、クレジットカードでのリボ払いは金利が高いのでおススメできません。もし、一括払いが無理なようでしたら、ローンの方が金利が低いので、ローンを組むことをおススメします。

また、カードローンは初回の利用であれば無利息キャッシングを利用できますから、その点でもおススメです。

そして、お葬式のように突然の出費でも急にお金が必要になっても現在は即日融資が可能ですから、その点でも安心です。

普通に利用していれば問題がないキャッシングやカードローンですが、クレジットカードの現金化というのは違法ですから注意をしてください。

もし、カード会社に現金化をしたことがわかるとカードの使用を止められてしまいます。

生活費が足りなくてお金を借りるのと違って、気が楽な冠婚葬祭が理由でローンを組むことですが、この際にもくれぐれも必要最低額のお金を借りることをおススメします。