家のリフォームが必要になったと

お金を借りる理由にはリフォームのためというのがありますが、リフォームの場合はローンを組むことで減税の対象になるなど何かとお得です。

減税の対象になるリフォームには、耐震のリフォームとか、省エネリフォームや、バリアフリーへのリフォームがありますが、同居対応のリフォームにも減税が適用されます。

証明書を提出することで税金が減額されるフォームですが、さらにリフォームのローンの証明書を提出することで「所得税(ローン型)」が適用されて所得税も減額されます。

ただし、上記の内の耐震のリフォームには「所得税(ローン型)」は適用にならず、耐震のリフォーム税が減額されるだけで、ローンを組んでも「所得税(ローン型)」は適用になりません。

また、バリアフリーへのリフォームも減税になりますが、所得税の控除については「ローン型減税」か、あるいは「投資型減税」の2つのどちらかを選ぶようになります。

リフォームはかなりお金がかかりますから、ローンを組むことが多いですが、上記のようにローンでお金を借りることでさらに税金が減額されるものがあることを知っておいてください。

また、このようなお得な制度があっても過去に返済が滞ったりなどの金融トラブルがあるとローンの審査が通らなくなって、お得な制度も利用できなくなります。

そのため、常に「借りたら返す!」を徹底することをおススメします。

ちなみに、リフォームローンを組んでお金を借りた人が、そのお金を全部他に使ってしまったケースがあります。悪質な詐欺で訴えられることもありますし、一括返済を求められることもありますから注意をしてください。