引越しにお金がかかって

昔から「引越貧乏」という言葉がありますが、何回も引越しをしてお金がかかって貧乏になるという意味もあるようですが、本当の引越貧乏の意味は、とかく引越しはお金がかかるために言われる言葉です。

引越しでかかる費用には、引越し業者に払う費用のほかに、マンションなどでは退去時の修繕費がかかったり、新しい住まいでの礼金や敷金、仲介手数料がかかります。

そして、今まで住んでいたところと転居先の役所への手続きにも何かと費用がかかりますし、ガス器具などは転居先で使えないものなら買い替えなければなりません。家具やカーペットなども買い替える必要が出るときもあります。

このように、引越しには目に見える物や目に見えないものに色々お金がかかり、予定した金額をはるかに上回ってしまうことも多くあります。

引越にかかる費用には単身者でも30万円~40万円、家族がある場合なら少なくても60万円はかかると言われていますからかなりかかります。

ある家庭では近所トラブルで悩んで引越しを考えたのですが、費用が工面できないのと、引越しでお金をかけなくてもそのうちに解決するのではないかという思いから、いつまでも引越しができませんでした。

しかし、とうとう我慢が出来ずにローンでお金を借りて引越しをしました。結局70万円かかったのですが、トラブルが無くなって快適な毎日が過ごせるようになっています。

お金なくて引越せないなんて言っていないでもっと早く引っ越せば良かったと、今ではそのことに後悔の気持ちだといいます。

とにかく、引越しにはお金がかかりますが、そんなときに助かるのがカードローンです。