お金を借りるのは難しくも、恥ずかしくもない!

お金が無くて困った時、お金を借りる方法も大きく変化していますし、また、そのことによってお金を借りることに対しての人々の意識も大きく変化しています。

しかし、お金がなくてもカード1枚でお金を借りることができ、恥ずかしい思いも、そして惨めな思いをせずにすむカードローンのシステムはありがたい存在と言えます。

ただ、返済が滞ったり返済をしなければカード会社からの信用を失ってお金を借りることができません。カード会社の審査では、もちろん年収を見ますが、それ以上に重点をおくのはお金を借りる人の信用度です。

お金を借りるのにその人の信用度を重視するのは昔も今も変わりません。

「借金も財産の一部」といって企業、特に中小企業主が借金の多さをある意味自慢していた時代もありました。なぜかというと、銀行から借り入れができる=銀行から信用されているということだったからです。

しかし、一般の個人消費者は違います。借金は恥とされていたものです。

借金を恥としたのは貧乏を蔑んだのではなく、お金の使い方の悪さや計画性のなさからその人の人間性まで評価されたからです。

現在はどうかわかりませんが、過去には多額な金額を稼いでいる芸能人が銀行からの借り入れを断られ、利益は少ないけれど堅実に商売をしている経営者が銀行から借り入れができるという状況でした。

お金を借りることが恥ずかしいのではなく、計画性がないお金の使い方できちんと返済ができないことです。

どんなに計画的に地道に暮らしていてもいつ、どんなときにどんなことが起るかわからないのが人生です。そして、突然の出来事にはお金がかかることが多いです。

友人知人からお金を借りるといってもそれができにくくなっているのが現代です。それに、友人知人からお金を借りる時代ではなくなっています。

そんなとき、カード会社の審査が通らずにお金を借りることができなかったら、さらに困ります。

そうなったら困って行き着く先は不法な金利で苦しめるヤミ金融業者です。総量規制の制度ができた時、自分の収入の無い専業主婦が一般の金融会社から借りられず、困ってヤミ金融から借りることがないようにできたのが、総量規制対象外という制度も設けました。

お金に困ってヤミ金融に手を出さないためにも、くれぐれも返済はきちんとすることをおススメします。

お金に関する参考サイト:お金を借りるならどこ?おすすめの借入方法を解説!|マネーコネクト

家のリフォームが必要になったと

お金を借りる理由にはリフォームのためというのがありますが、リフォームの場合はローンを組むことで減税の対象になるなど何かとお得です。

減税の対象になるリフォームには、耐震のリフォームとか、省エネリフォームや、バリアフリーへのリフォームがありますが、同居対応のリフォームにも減税が適用されます。

証明書を提出することで税金が減額されるフォームですが、さらにリフォームのローンの証明書を提出することで「所得税(ローン型)」が適用されて所得税も減額されます。

ただし、上記の内の耐震のリフォームには「所得税(ローン型)」は適用にならず、耐震のリフォーム税が減額されるだけで、ローンを組んでも「所得税(ローン型)」は適用になりません。

また、バリアフリーへのリフォームも減税になりますが、所得税の控除については「ローン型減税」か、あるいは「投資型減税」の2つのどちらかを選ぶようになります。

リフォームはかなりお金がかかりますから、ローンを組むことが多いですが、上記のようにローンでお金を借りることでさらに税金が減額されるものがあることを知っておいてください。

また、このようなお得な制度があっても過去に返済が滞ったりなどの金融トラブルがあるとローンの審査が通らなくなって、お得な制度も利用できなくなります。

そのため、常に「借りたら返す!」を徹底することをおススメします。

ちなみに、リフォームローンを組んでお金を借りた人が、そのお金を全部他に使ってしまったケースがあります。悪質な詐欺で訴えられることもありますし、一括返済を求められることもありますから注意をしてください。

引越しにお金がかかって

昔から「引越貧乏」という言葉がありますが、何回も引越しをしてお金がかかって貧乏になるという意味もあるようですが、本当の引越貧乏の意味は、とかく引越しはお金がかかるために言われる言葉です。

引越しでかかる費用には、引越し業者に払う費用のほかに、マンションなどでは退去時の修繕費がかかったり、新しい住まいでの礼金や敷金、仲介手数料がかかります。

そして、今まで住んでいたところと転居先の役所への手続きにも何かと費用がかかりますし、ガス器具などは転居先で使えないものなら買い替えなければなりません。家具やカーペットなども買い替える必要が出るときもあります。

このように、引越しには目に見える物や目に見えないものに色々お金がかかり、予定した金額をはるかに上回ってしまうことも多くあります。

引越にかかる費用には単身者でも30万円~40万円、家族がある場合なら少なくても60万円はかかると言われていますからかなりかかります。

ある家庭では近所トラブルで悩んで引越しを考えたのですが、費用が工面できないのと、引越しでお金をかけなくてもそのうちに解決するのではないかという思いから、いつまでも引越しができませんでした。

しかし、とうとう我慢が出来ずにローンでお金を借りて引越しをしました。結局70万円かかったのですが、トラブルが無くなって快適な毎日が過ごせるようになっています。

お金なくて引越せないなんて言っていないでもっと早く引っ越せば良かったと、今ではそのことに後悔の気持ちだといいます。

とにかく、引越しにはお金がかかりますが、そんなときに助かるのがカードローンです。

趣味のためのお金が必要になったとき

趣味と一口に言ってもお金のかからないささやかな趣味や、ゴルフのようにお金のかかる趣味もたくさんあります。ヘリコプターのセスナが趣味の人は500万は軽くかかります。

投網でアユを捕るのが趣味の人がいましたが、たくさん捕るので近所の人や知人に分けてあげていました。アユを配るのは奥さんの役目で持って行くといわれるのが「高いアユをただで食べられて羨ましい」とよく言われるとこぼしていました。

実際は川に入る胴長のスーツに網代他諸々で毎年20万円以上もかかっているのです。

ゴルフが趣味の人も、少し高いクラブはセットで50万円や100万も軽くかかるそうです。

好きでやる人には、高額なお金も目に入らなくなってしまうようですが、趣味のためのお金も今はカードローンがあるから困りません。

骨董品が趣味の人の場合は、数百万円もすることも珍しくなく、カードローンの借入限度額が500万円とか高額なカード会社も多いため、そのような高額なお金を借りるのも可能です。

ただ、夫に支払い能力があって返済には困らなくても、面白くないのはその人の奥さんです。もっと他のところに使って欲しいと不満が出る気持ちも十分わかります。お金はあってもなくても夫婦げんかの種になるようです。

困るのは結婚をするときに多額のローンをかかえていることです。そのために結婚がダメになったり、黙って結婚をして結婚後にバレてトラブルになることも多いようです。

簡単に借りることができて便利なカードローンですが、きちんと返済をしておかないと、結婚の時ばかりでなく、ときには人生まで狂わせてしまうことを知っておいてください。

家族の病気や怪我をしたとき

お金を借りる理由には、家族の病気や怪我をしたとき、あるいは自分が怪我や病気をしたときという理由もかなり多いようです。

このような状況になったとき、友人知人を頼りに金策に走り回る余裕すらありませんが、ネットで申し込むだけで簡単にお金を借りることができるカードローンの存在はありがたい存在といえます。

アルバイトやパートでも定期的な収入がある場合はローンを組むことができます。アルバイトをしながら頑張っていた苦学生が病気をしたときも、カードローンを組んでそして、返済をしています。

そして、以前は個人事業主はカードローンやキャッシングが利用できませんでしたが、現在はほとんどのカード会社で個人事業主も利用できるようになっています。ただし、事業資金としては利用できませんから注意をしてください。

また、病気や怪我の他に、現代は介護の問題が出てきています。年老いた親を預ける施設がないとか、あるいは、施設に預けたくないと家で診ているケースでは、仕事を辞めて介護にあたることも多く経済的に行き詰ってお金を借りるようになってしまいます。

その場合、定期的な収入がなくてはキャッシングもローンも組むこともできません。

しかし、在宅ワークでも定期的に収入があればローンを組むこともできますから、自宅介護で外に働きに行けない人にはおススメです。

お金を借りることを恥ずかしく思う人も少なくないですが、そのような感情は現代では無用といえます。賢くお金を借りることでその場の窮状を切り抜けることが大事です。 

くれぐれも、困ってヤミ金に手を出すことは避けてください。悲惨な結果が待っています。

冠婚葬祭が重なったとき

お金を借りる理由で一番多いのが「冠婚葬祭の費用」だといいます。

お葬式は突然やってきますし、春先の結婚シーズンには1ヶ月に3つも結婚式の招待が重なることも珍しくありません。

「付き合い倒れ」という言葉までありますが、意外とかかるのがお付き合いの費用だと実感するときです。

身内のお葬式の場合は普通に10万円以上の香典がかかりますが、香典はカード払いにもできないので困ります。

しかし、現代はクレジットカードでキャッシングできますし、カードローンも組みやすくなっていますから、冠婚葬祭が重なってもお金を借りるにも困ることがありません。

ただ、クレジットカードでのリボ払いは金利が高いのでおススメできません。もし、一括払いが無理なようでしたら、ローンの方が金利が低いので、ローンを組むことをおススメします。

また、カードローンは初回の利用であれば無利息キャッシングを利用できますから、その点でもおススメです。

そして、お葬式のように突然の出費でも急にお金が必要になっても現在は即日融資が可能ですから、その点でも安心です。

普通に利用していれば問題がないキャッシングやカードローンですが、クレジットカードの現金化というのは違法ですから注意をしてください。

もし、カード会社に現金化をしたことがわかるとカードの使用を止められてしまいます。

生活費が足りなくてお金を借りるのと違って、気が楽な冠婚葬祭が理由でローンを組むことですが、この際にもくれぐれも必要最低額のお金を借りることをおススメします。

生活費に困ったとき

今現在、お金を借りる理由で多いのが「生活費が足りなくなって」とか、生活費に困って」という理由が圧倒的に多いようです。

ただ、その時に注意しなければいけないのは、あくまでも一時的に困っていることを強調してください。そうでないとカード会社では返済能力に不安をもって審査が通りにくくなってしまいます。

カード会社からお金を借りることが出来なければ、最悪、消費者金融に手を出すことになってしまいかねません。

また、生活費が足りなくてという理由でなく、親戚の結婚式が重なってお金が必要など、別の理由で申し込むことも必要です。そして、借りる金額も必要最低限にすることをおススメします。お金を借りる額が少ない方が通りやすくなるからです。 

ただ、慢性的にお金が無いときには自治体の融資制度を頼ってみてください。自治体によって様々ですが、まずは窓口で相談してみることをおススメします。

国の場合は、「生活福祉資金貸付制度」や「求職者支援制度」などがあり、生活福祉資金貸付制度を利用できれば、金利も通常のローンの半分程度ですみます。また、保証人を立てることができれば無利息になります。

求職者支援制度の場合の方が生活福祉資金貸付制度よりも少々金利が高くはなりますが、それでも年2.5%という低金利でお金を借りることができます。

国の制度以外にも自治体で様々な支援制度がありますから申し込んでみることをおススメします。手続きが面倒とか色々ありますが、借金が重なってどうにもならなくなるよりは良いと思います。

生活保護を申請する場合も、窓口で断られて簡単に諦めてしまうケースも多いようです。しかし、本当に困っているなら、応援の人に一緒に行ってもらって窮状を真剣に訴えることをおススメします。

お金を借りることを避けるには

お金を借りる理由には、突然の離職や家族の不幸や自然災害の被害に遭ってなどということもありますが、お金に対する意識がルーズになっていて安易にお金を借りてしまうということがあります。

お金の使い方は、親のお金の使い方を見て自然に学びますが、あえてお金の使い方を子供に教える親は少ないのではないでしょうか。

お金があっても無駄遣いせず貯めるだけの親もいます。また、呑気に目いっぱい使ってしまう親もいますが、この金銭感覚の違いで一番困るのは結婚した時です。

お金の使い方の金銭感覚があまりに違うと夫婦げんか耐えなくなるでしょう。

元々、お金に関しては夫婦げんかの種になりやすく「自分達夫婦が喧嘩するときはいつもお金のことだ」といっていた先輩の言葉を、自分が結婚してからあらためて実感したことがありました。

お金に対する感覚がその人を幸せにも不幸にもしますが、夫が交通事故で相手を死なせてしまい、多額の保証金で生活が苦しくなった夫婦が、それまで時々していた夫婦げんかがぴたりと止まり、力を合わせて頑張ったという夫婦がいます。

お金が無いと幸せになれないと思うのも不幸ですが、お金を借りることを平気に思うのも不幸です。

自己破産をする人の多くも、お金の使い方がルーズなのと、そして、それ以上にお金を借りることに平気なのが問題だといいます。

キャッシングなども、お金を借りるというよりも自分の預金から引き出すような感覚で借りて最終的には返済不能になってしまうことが多いのが現実です。

お金を借りるということは、状況というよりも癖とか、お金を借りることが平気ということが多いようですから、まずは「お金を借りないぞ!」と強く思うことが大事なようです。

絶対借りないと思えば、そこからお金を借りないですむ別の方法を考えて見つかるのではないでしょうか。

債務整理について

債務整理という言葉を聞いたことがあると思いますが、債務整理とは返済不能に陥った個人の借金を法的に整理する手続のことを言います。

借金を減額し、あるいは自己破産のように借金を0にして生活ができるようにするための国の救済措置です。

債務整理の方法には「任意整理」や「特定調停」、「個人再生」そして「自己破産」の方法があります。

お金を借りることは癖になりやすく、また、利息が高いのでどんどん借金が膨らんでしまうことが多いです。

もし、どうしても返済がきつくて生活にこまったら、弁護士に相談をしてください。状況に応じた債務整理を選んで適切に処理をしてくれます。

債務整理は弁護士に依頼しなくても個人でも可能ですが、法律をよく知らない素人にはハードルが高く、ましてや特定調停のように債権者との話し合いに本人が行っていたのでは感情的にまとまる話もまとまりませんから、弁護士に依頼した方が得です。

債務整理をするとその後5~7年、あるいは10年ぐらいローンを組むこともできなくなりますが家族に迷惑がかかるとか、その心配はありません。

ただ、自己破産の場合は持家や車があると手放すようになりますから、別の債務整理の方法を弁護士が選んでくれます。

債務整理は恥ずかしいことではありませんし、ほとんど人に知られることもありません。特殊な例を除いては仕事や資格に制限されることもありません。

無理をして行き詰まり、不幸な選択をしてしまうより債務整理をすることをおススメします。

ただ、自己破産をしてその時は後悔も反省もしても再び自己破産をする人も多いようですが、お金を借りることが癖になりやすいことの表れと言えます。

現代の消費者金融のイメージ

現在のカードには、消費者金融系のカードと、信販会社のカード、銀行系のカード、そして銀行そのものが発行しているカードもあります。

消費者金融系のカード会社も銀行系のカード会社もたくさんありますが、この2つは金利が銀行系のカード会社の方が低いという点を除いては、どちらもほぼ同じで変わりがありません。

銀行で発行しているカードは上記2つのカード会社と違って無利息のサービスがあるところが少ないという違いはあります。

多くの人が利用している消費者金融系のカード会社や銀行系のカード会社ですが、過去のサラ金時代のイメージが尾を引いて、消費者金融に対して良いイメージを持っていない人も多いです。

過去のサラ金時代とは、サラリーマンが多く利用することからサラリーマン金融、略してサラ金と呼ばれる時代がありました。

その当時は、返済しない人に対して暴力団を使っての脅しとか取り立てで一家離散とか夜逃げ、あるいは自殺する人まで出て社会的問題にもなりました。

そのため、サラリーマン金融という名前をあらためて「消費者金融」と名前を変えて再出発したのが現在の消費者金融です。

しかし、過去のイメージはなかなか消し難く、未だ消費者金融に暗いイメージを持っている人も少なくありませんが、今は決してそんなことはないようです。たしかにお堅いと言われる銀行の方が信用がありますし、金利も安いのも事実ですが、消費者金融系を利用しても銀行系を利用しても、それによって信用度が違ってくることはほぼありません。