お金を借りるのは難しくも、恥ずかしくもない!

お金が無くて困った時、お金を借りる方法も大きく変化していますし、また、そのことによってお金を借りることに対しての人々の意識も大きく変化しています。

しかし、お金がなくてもカード1枚でお金を借りることができ、恥ずかしい思いも、そして惨めな思いをせずにすむカードローンのシステムはありがたい存在と言えます。

ただ、返済が滞ったり返済をしなければカード会社からの信用を失ってお金を借りることができません。カード会社の審査では、もちろん年収を見ますが、それ以上に重点をおくのはお金を借りる人の信用度です。

お金を借りるのにその人の信用度を重視するのは昔も今も変わりません。

「借金も財産の一部」といって企業、特に中小企業主が借金の多さをある意味自慢していた時代もありました。なぜかというと、銀行から借り入れができる=銀行から信用されているということだったからです。

しかし、一般の個人消費者は違います。借金は恥とされていたものです。

借金を恥としたのは貧乏を蔑んだのではなく、お金の使い方の悪さや計画性のなさからその人の人間性まで評価されたからです。

現在はどうかわかりませんが、過去には多額な金額を稼いでいる芸能人が銀行からの借り入れを断られ、利益は少ないけれど堅実に商売をしている経営者が銀行から借り入れができるという状況でした。

お金を借りることが恥ずかしいのではなく、計画性がないお金の使い方できちんと返済ができないことです。

どんなに計画的に地道に暮らしていてもいつ、どんなときにどんなことが起るかわからないのが人生です。そして、突然の出来事にはお金がかかることが多いです。

友人知人からお金を借りるといってもそれができにくくなっているのが現代です。それに、友人知人からお金を借りる時代ではなくなっています。

そんなとき、カード会社の審査が通らずにお金を借りることができなかったら、さらに困ります。

そうなったら困って行き着く先は不法な金利で苦しめるヤミ金融業者です。総量規制の制度ができた時、自分の収入の無い専業主婦が一般の金融会社から借りられず、困ってヤミ金融から借りることがないようにできたのが、総量規制対象外という制度も設けました。

お金に困ってヤミ金融に手を出さないためにも、くれぐれも返済はきちんとすることをおススメします。

お金に関する参考サイト:お金を借りるならどこ?おすすめの借入方法を解説!|マネーコネクト

お金を借りることを避けるには

お金を借りる理由には、突然の離職や家族の不幸や自然災害の被害に遭ってなどということもありますが、お金に対する意識がルーズになっていて安易にお金を借りてしまうということがあります。

お金の使い方は、親のお金の使い方を見て自然に学びますが、あえてお金の使い方を子供に教える親は少ないのではないでしょうか。

お金があっても無駄遣いせず貯めるだけの親もいます。また、呑気に目いっぱい使ってしまう親もいますが、この金銭感覚の違いで一番困るのは結婚した時です。

お金の使い方の金銭感覚があまりに違うと夫婦げんか耐えなくなるでしょう。

元々、お金に関しては夫婦げんかの種になりやすく「自分達夫婦が喧嘩するときはいつもお金のことだ」といっていた先輩の言葉を、自分が結婚してからあらためて実感したことがありました。

お金に対する感覚がその人を幸せにも不幸にもしますが、夫が交通事故で相手を死なせてしまい、多額の保証金で生活が苦しくなった夫婦が、それまで時々していた夫婦げんかがぴたりと止まり、力を合わせて頑張ったという夫婦がいます。

お金が無いと幸せになれないと思うのも不幸ですが、お金を借りることを平気に思うのも不幸です。

自己破産をする人の多くも、お金の使い方がルーズなのと、そして、それ以上にお金を借りることに平気なのが問題だといいます。

キャッシングなども、お金を借りるというよりも自分の預金から引き出すような感覚で借りて最終的には返済不能になってしまうことが多いのが現実です。

お金を借りるということは、状況というよりも癖とか、お金を借りることが平気ということが多いようですから、まずは「お金を借りないぞ!」と強く思うことが大事なようです。

絶対借りないと思えば、そこからお金を借りないですむ別の方法を考えて見つかるのではないでしょうか。

債務整理について

債務整理という言葉を聞いたことがあると思いますが、債務整理とは返済不能に陥った個人の借金を法的に整理する手続のことを言います。

借金を減額し、あるいは自己破産のように借金を0にして生活ができるようにするための国の救済措置です。

債務整理の方法には「任意整理」や「特定調停」、「個人再生」そして「自己破産」の方法があります。

お金を借りることは癖になりやすく、また、利息が高いのでどんどん借金が膨らんでしまうことが多いです。

もし、どうしても返済がきつくて生活にこまったら、弁護士に相談をしてください。状況に応じた債務整理を選んで適切に処理をしてくれます。

債務整理は弁護士に依頼しなくても個人でも可能ですが、法律をよく知らない素人にはハードルが高く、ましてや特定調停のように債権者との話し合いに本人が行っていたのでは感情的にまとまる話もまとまりませんから、弁護士に依頼した方が得です。

債務整理をするとその後5~7年、あるいは10年ぐらいローンを組むこともできなくなりますが家族に迷惑がかかるとか、その心配はありません。

ただ、自己破産の場合は持家や車があると手放すようになりますから、別の債務整理の方法を弁護士が選んでくれます。

債務整理は恥ずかしいことではありませんし、ほとんど人に知られることもありません。特殊な例を除いては仕事や資格に制限されることもありません。

無理をして行き詰まり、不幸な選択をしてしまうより債務整理をすることをおススメします。

ただ、自己破産をしてその時は後悔も反省もしても再び自己破産をする人も多いようですが、お金を借りることが癖になりやすいことの表れと言えます。

現代の消費者金融のイメージ

現在のカードには、消費者金融系のカードと、信販会社のカード、銀行系のカード、そして銀行そのものが発行しているカードもあります。

消費者金融系のカード会社も銀行系のカード会社もたくさんありますが、この2つは金利が銀行系のカード会社の方が低いという点を除いては、どちらもほぼ同じで変わりがありません。

銀行で発行しているカードは上記2つのカード会社と違って無利息のサービスがあるところが少ないという違いはあります。

多くの人が利用している消費者金融系のカード会社や銀行系のカード会社ですが、過去のサラ金時代のイメージが尾を引いて、消費者金融に対して良いイメージを持っていない人も多いです。

過去のサラ金時代とは、サラリーマンが多く利用することからサラリーマン金融、略してサラ金と呼ばれる時代がありました。

その当時は、返済しない人に対して暴力団を使っての脅しとか取り立てで一家離散とか夜逃げ、あるいは自殺する人まで出て社会的問題にもなりました。

そのため、サラリーマン金融という名前をあらためて「消費者金融」と名前を変えて再出発したのが現在の消費者金融です。

しかし、過去のイメージはなかなか消し難く、未だ消費者金融に暗いイメージを持っている人も少なくありませんが、今は決してそんなことはないようです。たしかにお堅いと言われる銀行の方が信用がありますし、金利も安いのも事実ですが、消費者金融系を利用しても銀行系を利用しても、それによって信用度が違ってくることはほぼありません。

お金を借りることに対するイメージ

金銭感覚は人によって違いますから、お金を借りることに対するイメージも人それぞれですが、時代によっても大きく変化します。

また、お金を借りる状況も様々です。贅沢品や遊興のためにお金を使いすぎてお金が足りなくなって借金する人や、お金の管理がだらしなくて借金する人もいます。

なかには、家族に病人ができてとか、勤務先会社が倒産したり経営不振で極端に給料が下がったり、あるいは解雇などで生活費が不足してお金をかりる人もいます。

お金を借りる状況には様々なものがあるといっても「恥ずかしい」とか「惨め」と思ったり、あるいは「罪悪感」をもつ人もいて、お金を借りるということにはどうしてもマイナスのイメージをもってしまいます。

特に、勤勉実直、貯蓄が趣味とまで言われた日本人は、お金を借りる人を軽蔑する傾向があり、お金を借りる=借金に対して恥ずかしいとか罪悪感をもっていました。

しかし、日本の経済状況の変化と共にお金を借りる理由も変化しています。バブルの頃や、そして少し前までは贅沢品の購入やギャンブルにつぎ込んでしまってという理由が多かったものです。

しかし、現在は本人の平均年収、特に若い人の返金年収が下がるなどで、生活費が不足してお金を借りる人が多くなっています。

お金を借りることはたしかに良いイメージではありませんが、キャッシングやローンを組むなどで賢く窮状を切り抜けることも大切です。

ただ、ローンを組むことは悪いことではないのですが、きちんと返済をしないためにトラブルになるとか、信用を無くすことも多いのが現実ですから、「借りたら返す」を肝に銘じて借りることをおススメします。

お金を借りる今と昔

現代はお金が無くて困ったときは、キャッシングやローンを組んで簡単に、しかもスムーズに借りることができます。

しかし、昔はお金が無くて困ったら、親兄妹や友人や知人などから頭を下げて借りたものでした。

もちろん、それらの人を頼っても貸してくれない人もいますし、貸してくれても嫌味のひとつも言われます。耳の痛いお説教もされます。

そんな思いをして借りた人も、きちんと返す人もいれば返さない人もいます。いつまでも返さないので催促をすれば、お金を借りに来た時とはまったく違った顔で怒り出す人もいました。もちろん、踏み倒す人もいます。

お金の貸し借りは時には人間関係を壊しますから、親しい友達からお金を貸してくれるように頼まれても貸してはいけないとか、貸すならくれたつもりで貸すようにとも言われたものでした。

ところが今は、キャッシングやローンで簡単に借りることができますから、惨めな思いも恥ずかしい思いもせずにお金を借りることができます。

また、お金を貸してくれと頼まれた人も、断るのに困らずにすみます。頼まれても「カードで借りたら」と断れます。

お金の貸し借りで人間関係のトラブルが避けられるようになった現代ですが、ただ、あまりに簡単に借りることができるため、借り過ぎから返済不能に陥ることも多いので、借りるときはきちんと返すことを意識して借りてください。

多額のローンが残っていて、結婚を断られる人もいますし、また、結婚してから知ってトラブルになるケースも増えています。お金は使い方を間違えると人生まで狂わせてしまいます。